FC2ブログ

にゃんこ365

猫との毎日、保護猫の里親探し

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

救ってもらった命 

 

水頭症の疑いがある「ちい」の続きです。

IMG_9254 (768x1024)

目が見えず、
足がもつれて上手く歩けないちいでしたが、
食欲もあり、体重も徐々に増加。

体重が900ℊを超え、
ワクチンが打てる1kg超えも間近!
と喜んでいた7月の終わり。
突然、眼振やけいれんを起こし始めました。

かかりつけのI先生が
不在の曜日だったこともあり、
流動食をあげながら様子見をしてしまったことで
ちいの容体はどんどん悪化。

ちい150729 (768x1024)

慌てて先生に連絡を取り、
連れて行った時には
てんかん発作を繰り返したことで
脱水、衰弱し、虫の息でした…。

落ち着くかもしれないと
様子見をしている場合ではありませんでした。

即入院となり、
点滴やてんかん薬の投与など
おそらく連日、目を離すことなく諦めず
昼夜看病してくださったI先生ご夫妻の尽力で
ちいは一命を取りとめました。

ちい150805 (768x1024)
1週間後に退院したちい

でも起き上がることはできず、
寝たきりのちいには
1日4回の強制給餌が必要になりました。

給餌が滞って低血糖を起こせば、
てんかん発作の引き金になります。
ちい150815 (1) (768x1024)
強制と言っても、シリンジに噛みつくぐらい食欲旺盛


ずっと寝たきりになるかもしれない、
と言われたちいですが、
退院して1週間ほどで起き上がるようになり、
ちい150815 (1024x768)
さらに転びながらも歩けるようになり、
ちい150826 (1024x768)
9月頭には自力で少しご飯も食べられるように。
ちい15年9月頭 (2) (1024x768)
なんという回復力(゚Д゚;)

回数は少ないものの
短い発作は起きていたので
プレゾドロニン(ステロイド)に加えて
フェノバールとエクセグランというてんかん薬を
8月下旬から投与することになりました。


元気に歩き回れるようになって
困ったことがひとつ。

8月終わりまで軟便が続いていたので
ウンチをしたペットシーツで暴れ、
朝起きると地獄絵図…なことも。

ウンまみれのちいをお風呂に入れ、
小屋を掃除することから始まる朝…。

深夜に発作やウン臭で飛び起きたりと、
この頃は気が休まりませんでした(^_^;)

ちい150828 (768x1024)
それでも気持ちよさそうに寝ている
ちいを見るとホッとします。

暗闇の中で病気と闘い、
他の猫たちのように
楽しく遊ぶことはできないちいに
少しでも穏やかな時間を過ごしてほしい。

でも発作のコントロールには
長い時間がかかりました。

スポンサーサイト

category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。