FC2ブログ

にゃんこ365

猫との毎日、保護猫の里親探し

ちい1歳 

 

最近、ご機嫌ナナメなちい太郎。

IMG_0763 (1280x960)
IMG_0768 (1280x960)
ガブガブすることが多くなってきました

先週は給餌の後、顔をふいている時に
2日連続で指を本気噛みされて流血…(ノд-。)
それ以来、顔をふく時はドキドキです。
ちいを怖がって近づかない、ご近所のご主人のことを笑えない。。

先生いわく、
怒りっぽくなる、凶暴になるのは
水頭症の典型的な症状とのことで、
ちいの脳にまた変化が起きているのかも。

発作のない日が多かったのに、
最近、1日1~2回発作が起きる日が増えつつあります。

そんなちい、気づけばもう1歳です。
IMG_0905 (1280x960)
いまだに仔猫みたいにふわふわのキトンコート

昨年の6月14日にうちに来た時→
すでに生後1か月ぐらいだったので、
ちょうど1歳を迎えたぐらいでしょうか。
IMG_9109 (1280x960)
転んでも転んでも立ち上がる不屈のちい


1歳の記念?に同じ屋根の下で過ごした
保護猫たちとの思い出などを。
IMG_3165 (853x1280)
予測不能なちいの動きに固まる保護猫マメ(現・あずき)

IMG_6640 (1280x960)
マイペースみっけは果敢にクンクン

IMG_3502 (1280x853)
モモにとっては天敵(笑)

IMG_3589 (1280x853)
モモのウーシャー声にちいは興味深々。
目が見えないのに追いかけ回してました。

IMG_1931 (960x1280)
唯一、からんでくれたのは白リン(現・凛くん)。
凛くんイイ男だ~。

IMG_6926 (1280x960)
一緒に寝たら、明け方におむつからウンチを漏らしてくれたっけ

IMG_6863 (960x1280)
うちに遊び来たお姉さんに抱っこされてご満悦

抱っこされると安心するようです。
IMG_1711 (960x1280)
お手手がかわいい♡

当初は1年生きるかわからないと言われたちい。
元気だったのに1歳を迎えられず逝ってしまった
仔猫たちもいる…
命というのはわからないものですね。

寿命が短かろうが長かろうが、
ただ懸命に生きる姿には胸を打たれます。

ちいおめでとう。
これ以上凶暴にならないでね~。

スポンサーサイト

category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 5

△top

ダンシンちい 

 

「ちい」の備忘録、続きます。

昨年11月の膀胱炎騒動の後は
ケージから飛び出しそうなほど元気になったちい。
ちい15年11月 (10) (1024x683)
ちい15年11月 (12) (1024x683)
筋トレっぽい


外出から戻ったら、視線の先に
ちいがウロウロしていて思わず二度見(゚Д゚;)
IMG_6713 (768x1024)
ケージから脱出したのはこの一度きりです


こんな風に元気に見えるちいですが、
昨年11月、12月は発作の波が激しかったです。
少ない日は1回、多い日は7回も。

長期投与すると副作用があるステロイドを
減らしていきたいのに、
なかなか減らせないまま年を越しました。

そして今年に入って新たに投与を始めたのが
降圧利尿剤のダイアモックス。
ワンコの水頭症ではよく使われる薬だそうです。
IMG_7997 (1024x768)
フェノバール、エクセグラン、ステロイドに加えて投薬は計4種類。
2週に一度の通院で体重に合わせた量を
処方してもらっています。

このダイアモックスを加えてから
発作が目に見えて減っていきました。

そのためステロイドを少しずつ減らし、
今では1粒のわずか1/8を3日おきの投与です。

今は発作が起きない日もあり、
起きても1日1~2回というところまで
抑えられています。

やったね~♪ちい
ということで喜びの舞い。
ちい15年11月 (14) (683x1024)
ちい15年11月 (16) (683x1024)
ちい15年11月 (17) (683x1024)
ちい15年11月 (18) (683x1024)
やみくもにケリやパンチを繰り出して
自分に命中させたりしてます(;´Д`)

そして目を傷つけてエリザベスカラーをするハメになったり。
ちい15年11月 (20) (1024x683)
ちい15年11月 (21) (1024x683)
エリカラは大嫌い!

エリカラも発作を誘発するので困ります。。
ぶつかって傷つかないよう、
風邪をひかないよう、
ゴキゲンを損ねないよう、
王子のように待遇されていることを
ちいはわかっているんでしょうかね~(^_^;)

ちいのことは今後も定期的に
記録していきたいと思います(^_^)/

category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

△top

ちいの闘病記録 

 

「ちい」は水頭症と確定診断はできないものの、
てんかん薬とステロイドの投与で
発作を減らしていく対症療法を続けています。

ちい151001 (1024x768)
発作が起きると暴れて周囲にぶつかるので
ケージの内側に段ボールやクッション材を貼ってました(^_^;)
(今はぶつかっても衝撃の少ないソフトケージです)

ちい15年10月 (4) (1024x768)
たまにケージから出して散歩。おむつ姿が似合ーう


脳圧が上がると発作が起きるそうで、
気圧の変化や興奮などが発作を誘発します。

日なたで寝ていて体温が上昇した時、
便秘ぎみの時(ウンコハイなのかも?)、
環境の変化(刺激)も発作の原因になるようです。

私の仕事は在宅メインなのですが、
どうしても終日外出が必要な場合は
近所の公園ボランティアのご夫婦に預かってもらい
給餌や投薬をしてもらいます。
その日はやはり発作が多くなります。

ちい15年10月 (3) (1024x768)
目は見えないけど、光は感じるよう。まるで外を見ているみたい


昨年9月は比較的落ち着いていて、
体重が1kgを超えたところで、
10月9日に3種混合ワクチンを接種。
ワクチンの副作用はありませんでしたが、
この夜は発作が3回と多めでした。

体重の増加に伴い、
10月下旬からは、てんかん薬が1.5倍に増量。

ちい15年11月 (2) (1024x768)
気づけば永久歯が生え、
ちい15年11月 (1) (768x1024)
猫らしくなってきた♪


発作は1日1~3回と少なくなってきた半面、
だんだん怒りっぽくなってきたのもこの頃。

預かってくれたご夫婦のご主人は
抱っこした際にガブッと指を噛まれたそうです
…すみません(*_*;
(それ以来、ご主人はちいを怖がって近寄りません笑)

気性が荒くなっていたちい、
11月頭に突然起き上がれなくなりました。
ちい15年11月 (4) (1024x768)
抱き上げようとすると激しく怒ります

どこか痛いのでは?
そして丸1日オシッコが出ません。
もしや尿石?

かかりつけのI先生は不在の日で
また様子見をして命に関わっては一大事と、
以前に交通事故にあった猫を治療していただいた
少し遠方のA病院へ行きました。

カテーテルで尿を出し、
尿検査、血液検査にエコー、レントゲン。

結果、膀胱炎や結石、骨折もなく、
脳以外は健康優良児でした。
血液検査の結果だけを見れば、
長生きできる数値だとか…(/・ω・)/

ちい15年11月 (3) (1024x768)
心配させるのもほどほどに…

しかし、この翌日に血尿が出て、
今度はかかりつけのI先生のところへ。

尿道にカテーテルを入れたことによる細菌感染か、
検査のストレスによる急性膀胱炎ではないか?と。
(カテーテルによる尿道損傷を恐れていましたが、
その場合は採尿時点で血尿になるそうです)

激怒して暴れるちいを押さえつけて、
様々な検査をしたからね…。

良かれと思ってやったことが裏目に出て、ガックリ。。
それにしても、ストレスで急に膀胱炎を起こすことが
あるなんて。

というわけで膀胱炎の治療に抗生剤をプラス。
怒りっぽいのは神経から来る痛みかもしれず、
1日おきに減らしていたステロイド1/2は
毎日の投与に逆戻り。

ちい15年11月 (8) (768x1024)
やっとゴキゲンを取り戻したちい

薬が効いたのか
2日後には痛がる様子も減り、
1週間ぶりに歩けるようになりました。

この11月上旬が2度目の山場で、
年内は発作が多発する日もありましたが、
その後は急変もなく
ちいなりに元気に過ごしています(*^^*)

category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

△top

救ってもらった命 

 

水頭症の疑いがある「ちい」の続きです。

IMG_9254 (768x1024)

目が見えず、
足がもつれて上手く歩けないちいでしたが、
食欲もあり、体重も徐々に増加。

体重が900ℊを超え、
ワクチンが打てる1kg超えも間近!
と喜んでいた7月の終わり。
突然、眼振やけいれんを起こし始めました。

かかりつけのI先生が
不在の曜日だったこともあり、
流動食をあげながら様子見をしてしまったことで
ちいの容体はどんどん悪化。

ちい150729 (768x1024)

慌てて先生に連絡を取り、
連れて行った時には
てんかん発作を繰り返したことで
脱水、衰弱し、虫の息でした…。

落ち着くかもしれないと
様子見をしている場合ではありませんでした。

即入院となり、
点滴やてんかん薬の投与など
おそらく連日、目を離すことなく諦めず
昼夜看病してくださったI先生ご夫妻の尽力で
ちいは一命を取りとめました。

ちい150805 (768x1024)
1週間後に退院したちい

でも起き上がることはできず、
寝たきりのちいには
1日4回の強制給餌が必要になりました。

給餌が滞って低血糖を起こせば、
てんかん発作の引き金になります。
ちい150815 (1) (768x1024)
強制と言っても、シリンジに噛みつくぐらい食欲旺盛


ずっと寝たきりになるかもしれない、
と言われたちいですが、
退院して1週間ほどで起き上がるようになり、
ちい150815 (1024x768)
さらに転びながらも歩けるようになり、
ちい150826 (1024x768)
9月頭には自力で少しご飯も食べられるように。
ちい15年9月頭 (2) (1024x768)
なんという回復力(゚Д゚;)

回数は少ないものの
短い発作は起きていたので
プレゾドロニン(ステロイド)に加えて
フェノバールとエクセグランというてんかん薬を
8月下旬から投与することになりました。


元気に歩き回れるようになって
困ったことがひとつ。

8月終わりまで軟便が続いていたので
ウンチをしたペットシーツで暴れ、
朝起きると地獄絵図…なことも。

ウンまみれのちいをお風呂に入れ、
小屋を掃除することから始まる朝…。

深夜に発作やウン臭で飛び起きたりと、
この頃は気が休まりませんでした(^_^;)

ちい150828 (768x1024)
それでも気持ちよさそうに寝ている
ちいを見るとホッとします。

暗闇の中で病気と闘い、
他の猫たちのように
楽しく遊ぶことはできないちいに
少しでも穏やかな時間を過ごしてほしい。

でも発作のコントロールには
長い時間がかかりました。

category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

△top

脳に障害のあるちい 

 

我が家の猫として自分で決めて迎えた
しんこ・娘猫しぃ・チビのほかに
里親募集ができないことで
迎えざるを得ない猫たちも
少しずつ増えていきます。

チビは片目のハンディ等、
どちらかというと里子に出すのを諦めたクチですが(^-^;
それはまた改めて。

外の暮らしの過酷さを知り、
里親募集が難しい病気の猫たちと出会うことも
今は覚悟しています。

なので、どんなにかわいくても
元気で人懐こい子たちは
新しい家族の元へ送り出したいと思っています。

前置きが長くなりましたが、
募集をかけないので紹介がのびのびになっていた
隔離猫たちも紹介したいと思います(^_^)/

ちぃ (1)
いつもホットカーペットの一画にあるソフトケージ

このソフトケージにいるのが「ちい」。

2015年6月14日に、うちへやってきました。
ちぃ (11)
バッチかったのでまずはお風呂


公園に捨てられて、
ずっと捕獲できない三毛猫さんが
産んだ仔猫の一匹です。

人目を避けて出産し、
子育てをしていた母猫から離れて
一匹でうろちょろしていたところを
公園ボランティアの方が捕獲。

ちぃ (12)
頭が異常に大きく、バランスが悪くすぐひっくり返ります。
危うく洗面器で溺れそうに(゚Д゚;)


連れて来られた仔猫を一目見て、
その頭の大きさに驚き、
その日に野良猫専門病院のI先生に
診てもらいました。

ちぃ (4)
水頭症の疑いが濃厚とのこと。
猫では珍しいそうです。

脳が目を圧迫し、
目も見えていないよう。

水頭症と確定するには
CTスキャンやMRIを撮る方法がありますが、
ここまで小さいと麻酔がかけられない。

育つかわからないし、
長くても一年ではないか?という見立てでした。

ちぃ (10)
この頃は自力で離乳食を食べていましたが
上手には食べられません。


育てば治療法はないこともないけど、
頭蓋骨に穴を空けて水を抜くとか
ハードルが高すぎる(@_@)

ちぃ (6)
母猫が飼育放棄した可能性もあるとか

ミルクをあげるとガブッと力任せに噛みついたりして、
たぶんお乳も上手に飲めなかったのではないか?

母猫の元に戻しても
フラフラしてカラスに食べられてしまうか、
お乳が飲めず餓死するか…。
こんな小さな子が野垂れ死ぬのは嫌です。

ちぃ (2)
そんなわけで我が家に天使がもう一匹(*^^*)


1か月後、
少し大きくなったので段ボール箱からケージへ。
ちぃ (7)
トイレは設置していましたが認識できないようで、
ペットシーツでするので汚れることもしばしば。

重い頭が傾き、
歩く時もぐるぐる回ることが多いです。
ちぃ (9)
音には敏感で、こちらを見る目は見えているよう。
ちぃ (8)

1か月、大きな問題もなく育ちましたが、
この後、ちいには試練が待っていました。


category: ちい日記

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

△top